LINEでも使える自分を好きにさせる方法

良かったら「いいね」お願いします

自分が好きになった人には、相手にも自分を好きになってもらいたいと思いますよね。

それで両思いになれるのですから。

でも、なかなか難しいのが恋愛です。

ここで、心理学を使えば、今例え好きになっていない方でも好意を持つようになります。この記事では、有効的な心理学のテクニックについて説明します。

どのテクニックも心理学上で理論が確立しているため、非常に効果が高いです。しかし、やりすぎは逆効果になるので、慎重に使ってみてください。

ザイアンス効果を使う

ザイオンス効果とも呼ばれます。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱しました。

相手と接触する回数が増えれば増えるほど、好感度や印象が高まります。この原理から、単純接触効果とも呼ばれています。

気になる相手には、毎日LINEを送ったり、会って少しでも会話し続けるだけでも貴方の印象を相手に刻み込むことことができます。

回数を重ねれば重ねるほど、好きになってくる効果が実証されています。

また、出来ればLINEだけでなく、実際に会うことをおすすめします。

好意の返報性を使う

大前提として、あなたの好意を相手が認識している事。

相手に好意を示したら、相手が本当に嫌がっていない限り、徐々に貴方に好意を持つようになります。これを好意の返報性と呼びます。

褒めて相手の欲求を満たす

モテてる人は、褒め上手の方が多いです。

相手を褒めるのも非常に有効です。人間には、自己是認欲求という自分を高く評価してもらいたいという欲求があります。

女性に限らず男性も褒められれば嬉しいものです。とくに、相手が普段から自分を認めてくれる人がいないと感じている方であると、効果は絶大です。

「自分を認めてくれる人だ」

そんな認識をもってくれて、好意を寄せてくれやすくなります。

悩みを聞く

聞き上手になることも重要です。とくに好意を寄せている相手が女性の場合は、話し好きの方が多いです。話す率は、女性6割に対して男性は4割くらいが一番落ち着くといいます。

男性の方が、ベラベラずーっと話すのは、女性にとっては苦痛という事です。

恋愛でうまくいかない男性の方で、自分の事だけを延々と話し続ける方が意外と多いのです。

おしゃべり好きな男性はご注意ください。

女性は話す事でストレスを解消するという傾向があります。

時には相槌を打ったり、そうだよねーと同情したり、相手の悩みを聞くだけで良いのです。

ここで、解決策をペラペラ話すと逆効果になるのでご注意。

女性は、悩みを聞いて欲しいだけなので、解決してほしいとは思っていないのです。自分を癒やしてくれる男性に心を開いてくれるのです。

ミラーリングを使う

ミラーリングとは、意識して相手の行動や話の調子を鏡に写しているかのように真似る方法です。相手の真似をすればよいので簡単に見えますが、相手がミラーリングを知っていたり、あまりにも露骨に真似しすぎると、かえって不快にしてしまいます。

相手がグラスを持ったら自分も持つ

飲み会で有効です。話していて好意を寄せている相手がグラスを持ってビールを飲み始めたら、自分もグラスを持って飲む。

相手が足を組んだら自分も足を組む

女性は足を組む方が多いので、これも頻度が多くです。

自然に出来れば、非常に有効です。

このミラーリングの効果を使って成功すれば、短時間のうちに、旧知の仲のような親しい雰囲気になります。

パーソナルスペースを理解する

実際にあったときに、心理的な距離を理解しておくと非常に有効です。パーソナルスペースはこちらの記事で詳しく解説しました。