ファッション

ワイシャツに合う下着、インナーの色と選び方

更新日:

スーツで、注意すべき点が、下着です。

ヨーロッパではワイシャツは下着扱い

ワイシャツは下着扱いというのが、欧米での常識です。したがって、アンダーシャツシャツは着ないというのが正式ではあります。でも、汗でスケスケに透けて見えるのは困りものです。

 

日本は高温多湿シャツがないと汗で大変なことに

ワイシャツが生まれたヨーロッパと日本では気候そのものが違います。

暑くてもカラッとした夏なのに対して、日本では高温多湿。ムシムシしています。

 

特に夏場になると最悪です。最近の日本は、35℃オーバーは頻繁にあるので、流れ出る汗の量は凄いものがあります。

 

ワイシャツに下着を着ていないものなら、脇汗でそこだけ濡れてしまったり

脇汗

 

もっとひどい場合は、乳首が透けて見えてしまっている方もいます。

 

そうなると、女子はドン引きしてしまうのは言うまでもありません。

嫌がる女性

ワイシャツに合う下着

日本の夏は暑いので、必ず下着(アンダーシャツ)を着ましょう。

 

普通に白いシャツでもよいのですが、ワイシャツに合うおすすめの下着は、肌色のインナーです。

 

イオンなどの百貨店にも置いてあります。

 

イオン男の気になる臭いを抑えるインナー 1058円(税込み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場にベージュ色を見ると、一見すると暑苦しそうな印象で、この商品自体を手を取りづらいのですが、ベージュ色は素肌に馴染んでいるので、ワイシャツを着てもシャツが目立ちません。

 

メーカーによっては臭い防止の素材を編み込んでるのもありますし、お手軽な値段で買えるのも魅力です。

 

服装は、普段の見えないところまでに気を遣うのがポイントになります。

-ファッション
-,

Copyright© 旅行とかカフェとか , 2018 All Rights Reserved.